著作一覧

新刊

定年夫婦のトリセツ

  • SB新書
  • 800円(税別)

人生は100年時代になり、夫婦は定年後、
さらに40年をともに過ごすことになります。
定年後は女のテリトリーである「家庭」に夫が入ることになる。
そこでは男社会で通用した「男のルール」は通用しない。
女のテリトリーでは、男は女のルールにのっとって、
生きていかなくてはいけない。
そんなとき、男はどうする? 女はどうする?
4月6日に発売されます!

購入する

ファンレターより〈お待ちしております〉

既刊

ヒトは7年で脱皮する
近未来を予測する脳科学

  • 朝日新書
  • 810円(税別)

感性リサーチの秘技と言われた「市場の近未来」を予測する手法を、新書で初公開!
離婚の危機と、流行の行方をあらかじめ知る方法 ━━ あまりにも面白い脳の周期説

世の中の流行も7の倍数年である56年周期で一巡りしている。
そんな脳が発する合図を見逃さずにとらえることで、思いも寄らない新たな未来がやって来る。
世界で起こるすべての事象を論理づける、ブレを許さぬ驚異の脳科学とは?
 

購入する

ファンレターより〈お待ちしております〉

既刊

妻のトリセツ

  • 講談社+α新書
  • 800円(税別)

発売2ヶ月で、たちまち10刷り!

理不尽な妻との上手な付き合い方とは。
女性脳の仕組みを知って戦略を立てよう!

本書は、脳科学の立場から女性脳の仕組みを前提に妻の不機嫌や怒りの理由を解説し、夫側からの対策をまとめた、妻の取扱説明書である。
「妻が怖い」「妻の顔色ばかりうかがってしまう」「妻から逃げたい」という世の夫たちが、家庭に平穏を取り戻すために必読の一冊でもある。

購入する

ファンレターより

当方、47歳、結婚17年です。
妻のトリセツ、読ませていただきました。
さっそく「妻の感情に共感する」を実践しております。
とんでもなく、うまくいくようになりました。
相手の感情に共感する、怒っているときには、いっしょに怒る、
悲しい時には、一緒に悲しい感情に浸る。
これをするようになって、妻の私に対する対応が、
あきらかにちょっと良くなりました。 \(^o^)/

これからも実践し続けていきます。
ありがとうございました。

T.E様より


私は、今年で結婚15年目の旦那です。
2年前にそれまでの仕事を辞め、その後海外に家族で移住し、海外生活を送る43歳の男です。
子供も3人おります。海外に来て、何が変わったかと言えば、嫁と接する時間が格段に長くなったことです。
それゆえ、仲がいい時には、最高ですが、その逆は地獄です。
お互いに助け合う必要が格段に増しているのに、なにせ仲の良い状態を長期間保つことが非常に難しいのです。
日本にいるときは、喧嘩してもなんとかなりましたが、今の海外生活ではそうはいきません。

それで、先日、この『妻のトリセツ』を手にして、本当に目から鱗どころか、神の啓示のごとく、衝撃を受けました。
それは、特に、プレゼントに関してのことです。
海外に来て、最初の誕生日プレゼントに、サプライズでダイヤのピアスとネックレスのプレゼントをしたのです。
なのに、彼女ときたら、すごく不満げ。むしろ、それが高かったことに、まさに怒ったわけです。
しかも、今までの何回か買わなかったことや、過去のクリスマスプレゼントや、結婚記念のことまで持ち出す始末。
僕もその不満を受け、さすがに腹が立ち、こちらの気持ちを分かってほしくていろいろ言っても、あまり効果はなし。
彼女も僕の気持ちはうれしいけどとは言いながら、まったく納得いかないばかりか、その後も記念日には、そのネタを小出しにしてきます。マジで勘弁してくれよと、思っていましたが、この本を読んで、納得しました。

そして、この本を読んだあと、すぐさま彼女に朗読しました。
そしたら、爆笑してました。
その後、『女の機嫌の直し方』も読みましたが、これも非常に面白かったです。
それでも、学習能力の低い私は、引きつづき彼女の地雷を踏むことはありますが、
そんなときには、これらの本を彼女に朗読すると、彼女は非常に落ち着きます。 そして、機嫌が直るのです。ですから、本当に感謝しております。
これでも、そんなに悪い旦那じゃないと思ってたし、むしろ家事を積極的に手伝う旦那だと自負し、それを嫁によく言ってたんですけど、そんなアピールは全く効果なかったのは、分かってましたけど、とにかく考えを改めたいと思います。
また、『Happy Wife、Happy Life』とは言うものの、何を実践することが彼女を幸せにするのか、私は全く理解できていなかったのを心より理解しました。
とにかく、本当にいい本だったですし、私や家族、そして何より愛する彼女を救ってくれました。
改めて、お礼を伝えたく、衝動に駆られてメールした次第です。
今後私が有名になって、人生に影響を与えた本は何だったかと聞かれたら、この『妻のトリセツ』と答えたいと思います。
本当にいい本でした。ありがとうございました。
今後も幸せな妻増え、そしてその結果幸せな旦那が増えれば良いと思います。

既刊
前向きに生きるなんてばかばかしい

前向きに生きるなんてばかばかしい
脳科学で心のコリをほぐす本

  • マガジンハウス
  • 1,200円(税別)

スティーブ・ジョブズの生き方は、脳科学的に正しかった!
AI研究者が解き明かす、本当の自分を生きる力。

「本当」の素敵な自分に会いたくて、素敵な努力を重ねていることが、
自分をドツボに追い込んでいないだろうか。
自分に合わない目標で、自分を壊していないだろうか。
誰よりも長けていたくて、罠にはまる。自己啓発の罠である。
この本は、おそらく自己啓発本の中に置かれると思う。
けど、「前向きで、戦略的で、たゆまぬ努力をし、実行力があり、夢があり、
人に感謝する」系の自己啓発本を蹴散らす本なのだ。(ごめんあそばせ)(ほほほ)
−−− 本書「はじめに」より

購入する

ファンレターより〈お待ちしております〉

既刊
成熟脳

成熟脳
脳の本番は56歳から始まる

  • 新潮文庫
  • 460円(税別)

ヒトの脳の一生は、面白いほど7年ごとに段階を経ていく。子ども脳から14歳までにおとな脳へと成長し、28年間であらゆる知識や感覚を得てピークを迎えるも、まだ試行錯誤を繰り返す。やがて更年期やもの忘れを経験し、心細くなるもの。
だが、それは「老化」ではな「進化」の証。
物事の優先順位が見えてくる脳の最高潮期は、ようやく56歳で始まりを告げる!
脳と感性から紡ぐ「成熟」の極意。

  おわび/「成熟脳」に誤字がありました。

購入する

ファンレターより

夫婦脳と成熟脳を読ませていただきました。もっと早く出会いたかったです、
私は50代で、夫は天国へ旅立ちましたが、
先生の御本を読んでいればもっと優しく対応できたのにと。
文体も、学のない私にもわかりやすく、
読んでる途中で何度も笑い出しそうになってしまいました。
でも本当に脳の違いさえ分かっていれば避けられること沢山あると思います。
なのでどなたかドラマ仕立てで世の中にもっとひろめてくださらないかと思ってしまいました。
これから全作品読ませていただこうと思っています。
素晴らしい作品をありがとうございます。

I.S様より

既刊
母脳-母と子のための脳科学

母脳
母と子のための脳科学

  • ポプラ社
  • 1,300円(税別)

子育てほど愉しい冒険はこの世にない!
著者自らが子育てで実践し、脳科学的な裏づけをもとにした目からうろこの子育て法。

妊娠した時から子離れする時まで、あらゆる段階の母親に役立ち、これまでの一般的な「育児の常識」を最新の脳科学と自身の実体験でくつがす一冊。
 

購入する

ファンレターより

「母脳」読んで涙しました。

10ヶ月女子を子育て中です。
慣れない育児、睡眠不足でヘトヘトですが、そんな中 
息抜きを兼ねて出かけた移動図書館で、「母脳」に出会いました。
冒頭からしばらくは、さくさくと簡潔明瞭な文章に引き込まれました。
次第に、黒川さんの思い出の情景がありありと感じられ、
これはすぐ読了するのは勿体無いぞ、と思い
味わうようにじっくりゆっくり時間をかけて読みました。

こんなに、息子さんへの愛に溢れる本は初めてでした。
私には思い出の中のお2人が眩しく感じられました。
そうなると、振り返るのは自分の子育てなのですが、
どの章にも 母親を責める文章は一切なく、
子育て本にありがちな、怒られている気には全くなりませんでした。
愛を伝えるのにまだまだ遅くない、とエールを貰ったような気がします。

終わりの方の、息子さんが巣立つエピソードでは、涙が流れました。
ちょうど、寝落ちした子供をだっこしたまま読んでいたのですが、
我が子のそう遠くない未来を思うと、毎日がすごく貴重な時間なんだなぁと、
感じました。
たくさんの気づきをありがとうございました。

出会いは図書館の本でしたが、手元に置いて時々読み返したいと思い、
自分用に購入する事にしました。
育児中のお守りとして、また、黒川さん親子の心温まるエピソードを、
覗き見させて頂き、心がほっこりしたい時に。
きれいな文章とポジティブなエネルギーに浸りたい時に。
将来、我が子が大きくなった時、どんな子になっているかな。
答え合わせが楽しみです。
ああ、まずはキャッチコピーも考えないと。
この先の未来が本当にワクワクしてきました。
ありがとうございました。

Y.M様より

既刊
女の機嫌の直し方

女の機嫌の直し方

  • インターナショナル新書
  • 700円(税別)

妻の機嫌、恋人の機嫌、娘の機嫌、女性部下の機嫌、女性上司の機嫌、女性顧客の機嫌…
女性の理解できない言動に苦しむ男性の悩みは本書ですべて解決する。

男女の脳は違うからこそ意味があるということに気づきさえすれば、無駄な争いはなくなり、自分とは違った脳をもつ女性への理解と愛おしさが育まれる。
家庭と職場に福音をもたらす1冊!

 

購入する

ファンレターより〈お待ちしております〉

新刊
アンドロイドレディのキスは甘いのか

アンドロイドレディのキスは甘いのか

  • 河出書房新社
  • 1,200円(税別)

コンピュータが、人類を超える日。
このことに、人々が怯えるようになったのはいつだろう。
人工知能は、天使か悪魔か?

ようこそ、人工知能と人間の境を見極める思考の旅へ――。
この旅は、私たちがもっと輝いて生きるためのヒントでいっぱい!
 

購入する

ファンレターより〈お待ちしております〉

既刊
女は覚悟を決めなさい

女は覚悟を決めなさい
人生に立ち向かうための脳科学

  • ポプラ社
  • 1,000円(税別)

錦織圭にスケートを履かせて、「テニスプレイヤーなんて、2回転も飛べないくせに」と笑う。
そんなのナンセンスでしょう?
私たち女性は、多かれ少なかれ、男性脳型の産業社会で、そんな目に合っているのである。
知らず知らずのうちに、自分の持ち味とは違う武器を持たされて、心の方向とは違う方向へ走らされている。
なのに「女性の活躍を期待している」? 勘弁してよ。

なぜ出口がないのか、わからない。
私が大切にしていることを、なぜ、パートナーは軽く見て、踏みにじる?
そんなふうに感じているのなら、ぜひ一度読んでほしい。

女性脳を解き放つための、女性のためだけに書かれた、女性脳論。

男子禁制、秘伝の書。

購入する

ファンレターより

自分が社会と付き合うにあたって、「賢く」立ち回っていける「勇気」をこの本からいただきました。
黒川先生の「女性に対する愛」がすべてぎゅっと詰まった本で、後輩女性に対する「暖かな思い」と先輩女性へ「感謝と尊敬」を感じました。

後半部分にありました、キャリア女性達の話に心揺さぶられ、
“では女性が男性社会の中でキャリアを継続していくにはどうしたいいのか”のお話も大変分かりやすく納得がいきました。
直感力と直観力の違いも、やってみよう!と。

女性が「分かってもらえない」と傷ついてすねて心を閉ざしていたら男性も幸せになれない。
男性だって辛かったのだと。
だから夫婦揃って幸せになるためにも、まずは私から!

もっと幸せになります!
覚悟を決めて!
勇気を持って生きていきます。

E.N様より(抜粋しています)

既刊
ぐずぐず脳をきっぱり治す

「ぐずぐず脳」をきっぱり治す!
人生を変える7日間プログラム

  • 集英社
  • 1,200円(税別)

「なんだか、さえない」「毎日、楽しくない」「人生、イケてない」「最近、モテない」……、そんなふうに感じているとしたら、それはあなたの性格や運命や年のせいではなく、「ぐずぐず脳」のせいかも!?。

治すのは、意外と簡単。頑張らなくてもいい。根性もいらない。食べ方や眠り方、ちょっとした身体や言葉の使い方……、そんなさりげない生活習慣こそが、脳を劇的に変えるのだから。

現代生活をふつうに送っているせいで、脳が疲弊している人たちに贈る、「脳のメンテナンス」のための生活術指南本。

購入する

ファンレターより〈お待ちしております〉

Copyright©2003-2018   IHOKO KUROKAWA All Right Reserved.