黒川伊保子プロフィール

株式会社 感性リサーチ 代表取締役
人工知能研究者、脳科学コメンテイター
感性アナリスト、随筆家

大学卒業後、コンピュータメーカーにてAI(人工知能)開発に携わり、脳とことばの研究を始める。
若きエンジニアだった黒川に与えられたミッションは、「人と人工知能の対話の研究」。1980年代に、35年先の人工知能時代を目指して、人と人工知能の対話のありようを探り始める。その途上で、「情がからむとっさの」対話スタイルに男女差があることを発見。1991年4月、全国の原子力発電所で稼働した「世界初」と言われた日本語対話型コンピュータを開発した。
やがて、脳機能論の立場から、語感の正体が「ことばの発音の身体感覚」であることを発見。AI分析の手法を用いて、世界初の語感分析法である『サブリミナル・インプレッション導出法』を開発し、マーケティングの世界に新境地を開拓した、感性分析の第一人者である。

脳は、性別と年代別に、驚くほど違う意識の質を持っている。
男女の脳は、人生に必要な機能を真っ二つに分けて持つペアの装置であり、「同時に、まったく別の答を出す並列プログラム」。
当然、気持ちいいと思う事象が大きく違い、「欲しいことば」「目に留まるもの」「手にしたくなるもの」が大きく異なる。男女脳の違いを知れば、交渉力が上がり、マーケティング戦略に確信が持てるようになる。
さらに、ヒトの脳は、28年ごとに位相が変わる。年齢ごとにも、感性が大きく異なってくる。

黒川は、性別×年齢ごとに、それぞれの脳に「心地よい」ことばの音を割り出した。商品名の語感を明らかにし、その語感がターゲット市場(想定した買い手)にとって心地よい音かどうかを数値的に評価できるのである。
こうした研究をベースに開始した商品名の語感分析サービスは、市場が多様化する21世紀ならではのマーケティング手法として、脚光を浴びている。

また、男女の機能分析からくりだされる、男女脳の可笑しくも哀しいすれ違いを書いた随筆や、語感の秘密を紐解く著作も人気を博し、日本テレビ「世界一受けたい授業」やフジテレビ「ホンマでっか!?TV」「ごきげんよう」などに出演。雑誌の脳トレ、恋愛特集のコメンテイターとしても幅広く活躍している。

近著に「女の機嫌の直し方」(インターナショナル新書)、「英雄の書」(ポプラ新書)、「キレる女 懲りない男」(ちくま新書)、「日本語はなぜ美しいのか」(集英社新書)、「恋愛脳」「夫婦脳」「家族脳」「成熟脳」(新潮文庫)、「母脳」(ポプラ社)、「アンドロイドレディのキスは甘いのか」(河出書房) →詳しくはBOOKS

1959年 長野県生まれ、栃木県育ち

1983年 奈良女子大学 理学部 物理学科卒

(株)富士通ソーシアルサイエンスラボラトリにて、14年に亘り人工知能(AI)の研究開発

に従事した後、コンサルタント会社勤務、民間の研究所を経て、

2003年 (株)感性リサーチを設立、代表取締役に就任。

2004年 脳機能論とAIの集大成による語感分析法『サブリミナル・インプレッション導出法』を発表。サービス開始と同時に化粧品、自動車、食品業界などの新商品名分析を相次いで受注し、感性分析の第一人者となる。

Copyright©2003-2018   IHOKO KUROKAWA All Right Reserved.